一眼レフのカメラには、どんな特徴があるの?

一眼レフカメラの特徴ですが、「目が一つしかない」という所にあります。

「目が一つ?」と不思議に感じるかもしれませんが、カメラを使う時、目で見て確認出来るのはファインダーからの映像になります。

>> Canon EOS Kiss X50

ですが、実際に写真を撮るのは撮影用のレンズになるので、ある程度誤差が出てしまうんです。

撮りたいもの(風景や人物など)を真ん中に来るようにキチンと確認をして写真を撮ったのに、出来上がりを見たらズレていた...という経験、ありませんか?

それが、「誤差が出てしまった」という事です。

ですが、一眼レフカメラの場合、撮影用のレンズに映っている映像をファインダー越しでも同じように見える加工がしてあるので、実際に目で見たものと全く同じ写真を撮る事が出来ます。

他にも、「オートフォーカスが速い」という特徴があります。

オートフォーカス(ピントを合わせる機能の事です)が遅いとシャッターチャンスを逃がす事になり、キチンと撮影が出来ても

被写体が動物や子供など動くものの場合、ブレてしまいます。

特に動いているものを撮影したい時は、一眼レフカメラがおすすめですよ♪

この他にも、一般的なカメラに比べ、撮影用のレンズが大きいという特徴もあります。

撮影する写真のサイズが同じだったとしても、レンズが大きいカメラの方が、沢山光を集める事が出来ます。

なので、暗い場所で撮影しても、明るい写真を撮る事が出来るんです。

そして一般的なカメラでは、カメラの機能にある撮り方やモードでしか撮影する事が出来ません。

ですが、一眼レフカメラの場合、レンズを交換する事で色々な効果を得る事が出来ます。

遠くの景色を壮大に撮影してみたり、近くのものをより綺麗に撮影したり...写真撮影の幅も広がりますよ(*^_^*)


TOPPAGE  TOP