コンパクトカメラでは出来ないこと

色々な場面によって色々な使い方が出来る一眼レフカメラは、背景を入れつつも人物もシッカリと綺麗に撮りたい方は、コンパクトカメラよりもおすすめです。

一眼レフカメラは、上手く背景をぼかす事が出来るのですが、実はぼかすという事がコンパクトカメラだととても難しいのです。

>> CANON IXY 210F

例えば子供の運動会で走っている様子を撮影する時ですが、一番綺麗に映したいのは当然子供ですよね?

ですがコンパクトカメラの場合、背景にもピントが合うように作られているカメラが多いので、テントや背景の土までハッキリと映ってしまいます。

つまり、肝心な子供が目立たなくなってしまうんです。

他にも、薄暗い室内で撮影をする時、コンパクトカメラの場合は遠くまで明るく撮るのは難しく、フラッシュが届く範囲でしか撮影できません。

一眼レフカメラの場合は、高感度・高画質という点を生かした撮影や、コンパクトカメラと比べても感度がとても良いので、綺麗に撮影する事が出来ます。

もちろん、コンパクトカメラにも感度を調整する機能が付いているカメラも多いですが、感動調節機能を高く設定してしまうと、画像が荒れてしまいます。

高く設定する事で暗い場所でも明るく撮る事は出来ますが、いくら明るく撮る事が出来ても、仕上がった写真が汚ければ意味がありませんよね(^_^;)

一眼レフカメラなら、コンパクトカメラの倍...それ以上まで感度を上げても写真を綺麗に撮る事が出来ます。

夜に明るい写真を撮る機会が多い方や、暗い室内で撮る事が多い方は、一眼レフカメラがおすすめですよ♪


TOPPAGE  TOP