一眼レフカメラの手入れをする時の注意点

一眼レフカメラは瀬光機械だという事を理解して、一眼レフカメラの手入れをしましょう。

無理に擦ったりすると、キズが簡単についてしまう事があるので、注意して下さいね。

そこで、一眼レフカメラのお手入れについてお話しましょう。

まずはボディ部分です。

レンズに比べ傷つき難いのですが、綺麗な状態を長く保ちたいなら、気遣って手入れをして下さいね(*^_^*)

ボディを手入れする時は、まず始めにブロアーで汚れを吹き飛ばせば、汚れがホコリ程度なら綺麗になります。

もし手垢等が気になるなら、シリコンクロスなど柔らかいもので拭き取って下さい。

気をつけたいのはレンズの手入れです。

出来るだけ傷や汚れを防ぎたいなら、保護用フィルターを使うと良いですね。

値段もレンズより安いので、万が一傷が付いてしまっても保護用フィルターを交換するだけなのでおすすめです。

ちなみに保護用フィルターを使うと、汚れるのはフィルター部分です。

>> レンズ保護フィルター

ブロアーを使ってホコリを吹き飛ばして、クリーニングペーパーなどで掃除をしましょう。

一眼レフカメラを手入れする時の注意点ですが、レンズなどの傷つきやすい部分は、必ず始めにチリやホコリを吹き飛ばしましょう。

小さい砂等が付いている状態で擦ると、簡単に傷が付いてしまいます。

それでも汚れが取りづらい細かい部分は、綿棒を使って綺麗に掃除をしてあげると良いでしょう。


TOPPAGE  TOP