一眼レフカメラを持ち運ぶ時のポイント

一眼レフカメラを持ち運ぶ時ですが、カメラ用のバックに入れるのが基本になります。

写真を撮るだけの為に出掛けるというなら話は別になりますが、旅行に一眼レフカメラを持っていこうと考えているなら、荷物が増えるという事を考えておかなくてはいけません。

もし旅行中はなるべくカメラ用のバックを持たずに移動したいなら、旅行バックの中に一眼レフカメラを入れておく方法がおすすめです。

もちろん、旅行バックの中に直接一眼レフカメラを入れるのではなく、クッション性のある厚めの洋服で包むようにして、現地で持ち歩く小さめなショルダーバックがあれば、荷物を最小限にする事が出来ます。

一眼レフカメラの事を考えるなら、専用のバックに入れた方が良いのですが、このような方法をとれば、一眼レフカメラが他の荷物に直接ぶつかる事はないので、ある程度の衝撃には耐える事が出来ます。

>> レンズも3本入るかわいいカメラバッグ

また旅行等で飛行機を利用する時は、出来たら機内持ち込みにしましょう。

飛行機で一番衝撃があるのは、離着陸の時です。

特に荷物置き場の状態はどうなっているのか分からず、もしかしたら他の人の荷物にぶつかってしまう可能性もあります。

自分で持っていた方が安心なので、一眼レフカメラも小さなバックに移して手荷物して持ち込むようにしましょう。

この他にも、コロコロがついているカバンの中なら、その程度の衝撃なら傷つく事は殆んどありませんね。

特に服に包んで他の荷物と一緒に入れるのが嫌な方は、最低限、緩衝材の仕切を使うようにしましょう。


TOPPAGE  TOP