メリットとデメリットの両方から比較しよう

一眼レフカメラですが、デジタルコンパクトカメラに比べ、メリットはもちろんデメリットもあります。

まずはメリットですが、「視差」がない事ですね。

ファインダー越しに覗いた構図そのままを撮る事が出来るので、細かなズレを無くしたい方におすすめです。

他にもレンズ交換が出来るので、撮影したいシーンに合わせ、レンズが違うカメラを何台も用意する必要がありません。

次にデメリットですが、一般的なコンパクトデジカメよりも綺麗に写真を撮る事が出来る分、内部構造が複雑になっています。

つまりカメラが重くなってしまうので、カメラ自体にコンパクトや軽さを求める方には向きません。

また、製品によってシャッターを切る時の音が大きいものもありますし、手に伝わる振動も大きいです。

もちろん、カメラのモデルによっても違いますが、使う方の中には不快感を感じる方もいらっしゃるので、一眼レフカメラを購入する時は、実際にシャッターを切って確認をした方が良いでしょう。

そして、カメラの価格も高くなってしまいます。

レンズが交換出来るので、シーンに合わせて揃える事もあるかと思いますが、種類を沢山揃えなければ一眼レフカメラを使う事は出来ない、という事はありません。

実際、一眼レフカメラを使っている方の多くは、持っているレンズの数は2枚程です。

コンパクトデジカメを使うのか、一眼レフカメラを使うのかは、それぞれのメリットとデメリットを比較して決めると良いでしょう。

おすすめなのは、手軽さにこだわりたいならコンパクトデジカメを、写真の質にこだわりたいなら一眼レフカメラですよ。


TOPPAGE  TOP