一眼レフカメラを購入する時は、重さも比較しよう

一眼レフのデメリットに「重量がある」という事もあり、一眼レフカメラの購入や乗り換えを迷っている方も多いでしょう。

ただ、一眼レフカメラのモデルによって重量にも差があり、軽いものだと400gを切るものもありますし、重いものだと1200gを超えるカメラもあります。

お年寄りや女性の方、長時間持って歩く事が多い方は、一眼レフカメラの購入時に、重さの比較をしてから選ぶようにしましょう。

最近では重量でカメラを選ぶ方も多いので、各メーカーとも性能も良く軽いカメラの開発に力を入れています。

重量の比較ですが、インターネットやパンフレットを参考にする事が出来ますが、実際に使う時はレンズやストラップの重さもプラスされた状態になるので注意が必要です。

一眼レフカメラを出来るだけ軽くしたいなら、ストラップの素材にも気をつけましょう。

もしカメラ自体の重さが500gでも、レンズも500gの場合、全体で1kg前後になります。

実際に欲しいカメラやレンズが既に決まっているなら、インターネット等で重さを調べるといいですよ(*^_^*)

さらに、一眼レフカメラを持って歩くと考えられる距離を、同じ重さの荷物を持って実際にあるくと更に分かりやすいですよね。

それで重い・疲れると感じたら、それよりも軽いカメラを検討した方が良いでしょう。

一眼レフカメラを購入してから「重い」「持ち運びに疲れる」と感じるのは遅いです(^_^;)

折角いいカメラを買ったのに、重くて持ち運ぶのが不便に感じてしまっては意味がありません。

それとは逆に、持ち運びや移動距離が短いなら、少しくらい重いカメラでも大丈夫なので、自分が何処で使う事が多いのかも検討するようにしましょう。


TOPPAGE  TOP