レフ板を使うとどんな効果があるの?

一眼レフカメラに限りませんが、カメラを使って撮影する時は、『レフ板』があるといいですね。

ちなみにレフ板ですが、光を反射させる板の事で、使った事は無くても、一度は見た事があるのではないでしょうか。

レフ板と言うと、プロのカメラマンが使っているような大きい板を想像するかもしれませんが、最近は使い勝手の良いコンパクトのレフ板があります。

中には折りたたみ式のレフ板もあるので、一眼レフカメラに関係する荷物を少なくしたいような旅行の時に便利でし、白い紙で代用する事も出来るので、今までレフ板を使った事がない方は是非使ってみましょう。

気になる値段の方ですが、小さいものだと1,500〜2,000円くらいです。

>> お手頃価格の丸型レフ板

ただ、レフ板が大きくなればなるほど値段も高くなるので、1メートルを超えるような大きさだと約1万円くらいします。

レフ板の他には、一眼レフカメラ用の撮影ライトもありますが、これは値段も高いですし、持ち運びも不便です(^_^;)

まずはレフ板の購入から検討してみましょう。

レフ板があれば、外で写真を撮るときに太陽の光が足りない場合役立ちます。

フラッシュを使っても写真を撮ることは出来ますが、自然な写真とは違う印象になってしまいます。

自然な色合いを出したいなら、レフ板を使った方が綺麗に写真を撮る事が出来ますよ。

レフ板を使う時は、どれくらい明るくしたいのかによって角度を調整しなくてはいけません。

近付けたり離したりといった手間が必要になりますが、その分自然な光加減が作れます。

最近人気のあるレフ板ですが、裏と表が金と銀になっているレフ板です。

銀の方が白よりも光を反射し易いので、より明るい写真を撮る事が出来ますし、金の方は人物を撮るのに向いています。

人物の顔色を少しオレンジ色っぽくする事で、健康的に見せる効果がありますよ(*^_^*)


TOPPAGE  TOP