モードの特徴を理解して、一眼レフカメラを使いこなそう

メーカーによって違いもありますが、一眼レフのカメラには色々なモードが付いています。

そのモードを上手に使いこなす事が出来れば、綺麗な写真を撮る事が出来ます。

ただ、各メーカーによってモードの名前が違うので、どんなものがあるのかマニュアルで確認するようにしましょう。

例えば、夜景を撮影したいなら「夜景ポートレート」、スポーツをしている場面を撮影したいなら「スポーツモード」に切り替えるなど、それぞれのシーンに合わせてモードを変える必要があります。

「モードを変える必要ってあるの?」と思われるかもしれませんが、具体的に言うとシャッターの速度や背景のぼかし具合が変わってきます。

夜景ポートレートなら、夜景だけでなく、一眼レフカメラの前に居る人物もハッキリと撮る事が出来ますし、スポーツモードなら、シャッターの速度が速くなります。

なので、それぞれのモードの特徴は理解しておく方がいいですよ♪

人物が入らない風景を撮りたい事もありますが、風景モードにすると、一眼レフカメラで撮影した範囲内全てにピントを合わせます。

そこに人物が入ると、人物をメインにピントを合わせるので、背景をぼかすようなポートレートに変えるなど、撮影するシーンに適して色々と変更をすると、綺麗な写真を撮る事が出来ます。

とは言っても、どのモードが一番合っているのか分からない...という場合は、全自動モードがおすすめです。

一眼レフカメラが一番良いモードを勝手に判断してくれますし、必要ならストロボも使ってくれます。

今よりも更に良い写真撮影をしたいなら、モード変更+、他機能の微調整を覚えるといいですよ(*^_^*)


TOPPAGE  TOP